学研と日本オープンオンライン教育推進協議会が共同で
「JMOOC Jr.」のサービスを開始

~今から間に合う自由研究~ 「子ども科学実験教室」の教材を無料配信

このたび株式会社学研ホールディングス(東京・品川 宮原博昭社長)と一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会「JMOOC(※1)」(東京・千代田 白井克彦理事長)は、小中学生を対象としたサービス「JMOOC Jr.」(ジェイムークジュニア)を共同で開始します。
高等教育レベルの「JMOOC」に加え、JMOOCファミリーのジュニア版とし、初中等教育をベースとした教材の無料配信を行います。
講座のタイトルは~今から間に合う自由研究~ 「子ども科学実験教室」。科学教育の経験豊富な学研グループが自社の教材だけでなく、100円ショップ等でも調達可能な器具を使った実験を中心にした構成教材を提供する内容になっており、1週間分のオンライン教材を受講することで自由研究レポートの完成までを学習することができます。
先ず8月20日に開講し、受講者の意見を参考に反転学習や続編の提供を計画していきます。プラットフォームは、教育の情報化に関する調査・研究開発とその成果の普及推進活動をしているJAPET&CEC(※2)から提供されます。

~今から間に合う自由研究~ 「子ども科学実験教室」のテーマ

電気のふしぎ(8月20日開講) 担当:湯本博文 学研科学創造研究所
電気を起こすもっとも身近なものに、電池がありますね。
電池は小さいのにいろいろなはたらきをしてくれます。おもちゃの電車を動かしたり、かい中電灯を光らせたりしてくれます。電池はなぜ物を動かしたり、光を出したりできるのでしょう? 電池のひみつをのぞいてみましょう。
 ・電池ってなんだろう?
 ・レモン電池
 ・なんでも電池大実験
 ・モーターが回る強力電池を作ろう!
 ・実験のまとめ

結晶のふしぎ(8月25日開講予定)担当:湯本博文 学研科学創造研究所
 ・結晶ってなんだろう?
 ・尿素の結晶を作ってみよう!
 ・ひえひえ大実験
 ・人工雪に挑戦!
 ・実験のまとめ

※1 Japan Massive Open Online Courses
日本版MOOCの普及・拡大を目指し、一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会(略称JMOOC)が、日本全体の大学・企業の連合による組織として2013年に設立。
2012年にアメリカで複数立ち上がった「オンラインで公開された無料の講座を受講し、修了条件を満たすと修了証が取得できる」MOOC(MOOCs)という教育サービスは、世界中で急速に広がりをみせており、今後の高等教育の在り方を大きく変える可能性を持っています。

※2  JAPET&CEC(日本教育情報化振興会)
2014年4月、日本教育工学振興会(JAPET)とコンピュータ教育推進センター(CEC)が合併し、一般社団法人 日本教育情報化振興会として発足。教育工学の知見をもとに、教育の情報化に関する調査・研究開発とその成果の普及推進活動および提言・提案活動を行うことにより、日本のより良い教育の実現とこれによる人材の育成に役立つことを目的としています。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社学研ホールディングス 学研教育総合研究所
栗山 健
TEL:03-6431-1396 E-mail:K.Kuriyama@mmf.gakken.co.jp

【本件に関する連絡先】
株式会社学研ホールディングス 広報室
TEL:03-6431-1059 E-mail:gpress9470@gakken.co.jp
(〒141-8510 東京都品川区西五反田2-11-8)

JMOOC Jr. ホームページ

JMOOCJrスクリーンショット