よくあるご質問

お寄せ頂いたお問い合わせから、よく頂く内容をまとめました。お問い合わせの前にご覧ください。
【学】学習者の方向けFAQ 【会】JMOOC会員様向けFAQ

講義の受講

Q.JMOOC講座を受講するには、どのような手続きが必要ですか?
A.まずJMOOCのホームページで講座を選択し、各公認プラットフォームにて会員登録(お名前やメールアドレス等の入力)すると受講できます。詳細は、 JMOOCとはの「講座選びから修了証取得までの流れ」をご参照ください。
Q.学習の仕方や各講座の内容、開講時期を知りたいのですが?
A.各講座についてのお問合せは、講座を提供しているプラットフォームにお問合せください。
 <各プラットフォームのお問合せ先>
  ○gacco: gaccoサポートサイト
  ○OpenLearning:Open Learning,Japanよくある質問
  ○OUJ MOOC: CHiLOヘルプデスク help@chilos.jp

Q.受講するには、JMOOCへの入会は必要ですか?
A.入会の必要はありません。受講登録だけで誰でも無料で受講できますが、それはJMOOCへの入会ではありません。JMOOCへの入会は、JMOOCの活動をご支援いただく会員としての入会です。
Q.大学に通わない一般の人でも、講座は理解できるのでしょうか?
A.各講座の募集概要に記載されている「前提条件」をクリアしていればご理解いただける内容です。講座によって高校レベルの知識を求める講座もありますが、「前提条件」が特に設定されていない、どなたでも学べる講座も数多くご用意しています。
Q.受講は無料でしょうか?
A.デジタル形式の修了証の取得まで、全て無料で受講可能です。
ただし、オプションでいくつかの有償サービスが提供される場合もありますが、あくまでも付加的なサービスでそれを選択しないと修了証が得られないというものではありません。
また一部の講義で、反転学習(対面での授業)が受講できるオプションもありますが、反転学習を受講する場合のみ、有料となる場合があります。
Q.一部のみ受講したり、受講してから課題提出を行うかどうか決めるのは可能ですか?
A.可能です。まずは興味のある部分だけ受講したり、希望に応じてJMOOCを気軽に楽しんでいただけます。ただしその場合でも受講登録は必要です。課題提出も任意ですが、修了証取得には提課題出は必須です。

講座のカテゴリー分類

Q.JMOOCで提供されている講座にはどのような種類がありますか?
A.講座提供機関や講座の内容によって下記3つの種類に分かれています。(2015年4月1日以降募集開始の講座より適用)

  • jmooc_cat1

    【カテゴリーⅠ】大学が提供する大学通常講義相当の講座

  • jmooc_cat2

    【カテゴリーⅡ】専門学校・高等専門学校が提供する講座、公的研究機関推薦講座、学会推薦講座

  • jmooc_cat3

    【カテゴリーⅢ】カテゴリーⅠ・Ⅱ以外の講座(大学が提供する特別講義および公開講座相当の講座、企業等が提供する講座等)

日本オープンオンライン教育推進協議会 JMOOCへの加盟

Q.JMOOCの活動内容は?
A.活動は、主に下記の3点です。

  1. 教員の推薦。内外の学習者から期待される教員/コースを推薦し、オンライン講座の提供を支援する。
  2. MOOCおよびその活用に関する普及活動を、WEBサイト、Facebook、講演会等のイベントを通じ推進していく。
  3. 会員企業に積極的にワーキングに参加していただく。その中で、本格的なオンライン学習を支援し、その基盤形成に必要なコンテンツ作成・蓄積、配信プラットフォーム構築・運用、学習実践・評価を総合的・体系的に整理していく。
Q.JMOOCにおける各社の役割は?
A.JMOOCの各ワーキングメンバーに主体的に参画いただき、オープンオンライン教育を合理的かつ効果的に実現していくことを期待しています。
Q.JMOOC会員になるには、どのような手続きが必要ですか?
A.組織・加盟方法ページより、定款をご確認の上、入会申請書(PDFもしくはWordファイル)をsecretary@jmooc.jp宛にお送りください。申請書受付後、JMOOC事務局よりご連絡させていただきます。
基本的には、日本国内の大学や企業を対象としています。日本発のMOOCをどのように展開させていくか、ご意見をいただいたり、会費等により財政的な支援をしていただく法人会員、個人会員と、幅広く参画いただけます。

講座の提供

Q.講座提供できるのは大学のみですか?
A.2015年4月より、カテゴリー制を導入し、大学のほか専門学校や公的研究機関、民間企業のコンテンツも提供いただけるようになりました。カテゴリー制については「講座のカテゴリー分類」をご参照ください。
Q.提供する講座のレベルや長さはどれ位を想定すれば良いですか?
A.カテゴリーⅠ:
大学もしくは大学院の授業レベルを想定しています。受講される方は中学生から80代の方まで講座によって幅広いですが、大学レベルの講義を求めて受講されています。高校レベルの知識等、受講前に必要な「前提条件」がある場合は、受講受付の際の募集概要に明記してください。
講座の長さは、1週トータルで90分前後×4週間以上を推奨しています。大学の通常講義ですと15週が基本ですが、オンラインでの自主的な学習を想定していますので、学習者から見た学習のしやすさ、修了した際の達成感などの観点から4週を推奨しています。それ以外の長さでの講義配信については、別途ご相談ください。
カテゴリーⅡ・Ⅲ:
レベルについて特に規程は設けておりませんが、講座を履修する学習者に一定の達成感を得ていただくために、講座の長さは4週間以上を推奨しています。
Q.講座提供にあたり、どのような手続が必要ですか?
A.まず「講座コンテンツ提供申請書」をご提出いただきます。提出〆切は【毎月第2・4金曜日】で、その後JMOOCコース認定委員会にて審査ののち翌週金曜日に事務局より結果がフィードバックされます。
申請に必要な書類など、詳細については講座開講についてをご参照ください。
Q.申請から講座開講まではどのようなフローですか?
A.こちらのフローチャートをご参照ください。講座コンテンツ認証フロー
Q.大学が提供する講座で単位認定は可能ですか?
A.4週の授業を想定していること、また個人認証の仕組みもまだ整備できていないので、カテゴリⅠの講座(大学が提供する大学・大学院レベルの講座)であっても受講生に対し単位を認定することはできません。予め設定いただく講座ごとの修了要件を満たした受講生に対しては単位ではなく、「修了証」を発行していただきます。修了証のテンプレート等は、各プラットフォームにてご用意させていただきます。ただし大学の正規の授業科目において、担当教員の判断によりMOOC講座コンテンツを補助教材として活用いただくことは可能で、そういった取り組みは日本国内でもスタートしていますので、詳細情報についてはJMOOC事務局にお問合せください。
Q.講座を提供するにあたり、教員の負担や準備期間はどれくらい必要ですか?また教員以外はどのような体制が必要でしょうか?
A.講座制作、運用については、先生に加えてTA1名、運営担当者1名が最低限の体制として必要だと考えています。講座を開設するには、シラバス作成、講義動画で紹介するスライド資料の作成、ご紹介資料の著作権処理、講義動画・PV動画の撮影(4週講座で2日間程)、課題・最終テストの制作、採点基準の策定等が必要となります。
これらの準備を開講の約5ヶ月前にスタートしていただき、開講3ヶ月前には事前の受講登録を開始します。開講期間中(4週講座で約2ヶ月)はディスカッションボードで受講生同士が議論をしますが、講座の内容やテスト内容について等、質問が入る可能性もありますので、ご対応は講座提供者側でお願いします。
Q.JMOOC公認プラットフォームが複数あるが、どのプラットフォームに講座を提供するかはどのように決まりますか?
A.講座提供者が、JMOOC公認プラットフォームの中から自由にお選びいただけます。相談をご希望の場合は、JMOOC事務局までお問合せください。
Q.教員も職員もオンライン講座を作成したことがないが、JMOOCやJMOOC公認プラットフォームからサポートは受けられますか?
A.講座設計や撮影の技術的なご相談など対応させていただいております。JMOOC事務局では講座収録・編集がセルメイドで可能な“講義映像自分撮り”システムをご用意しています。またe-learningや動画コンテンツ作成のノウハウがあるJMOOC会員企業のご紹介も可能ですので、講座制作のアウトソーシングをご検討の場合は、お気軽にお問合せください。
またJMOOC正会員の大学には、講座制作の経済的支援や著作権処理のサポート等も提供させていただいております。詳細はJMOOC事務局までお問合せください。
Q.講座の著作権は誰のものになるのですか?
A.講座の著作権は、講座提供者のものとなります。JMOOC用に作成されたコンテンツを自校の授業の教材として活用いただくことも可能です。また一度開講した講座を期間を空けて再度公開することも可能です。
Q.講座制作するのに費用はどれくらいかかりますか?
A.撮影場所(学内、スタジオ、外部でのロケの有無)や、編集方法等によって異なります。ご予算に応じてご相談させていただきますので、詳細はJMOOC事務局までお問合せください。

イベント関連

Q.過去のJMOOC主催イベントの資料や映像を見たいのですが?
A.JMOOCのホームページのイベント報告のページをご参照ください。当日の発表資料や、映像をアップしております。

ボランティア参加

Q.ボランティア参加を希望しています。どのような手続きが必要ですか?
A.ご興味のある方は、お問い合わせページで「ボランティア参加希望」を選択し、どんな業務のお手伝いが可能かをお問い合わせ内容に書いてご送信下さい。具体的な業務は日本語字幕の作成、ミートアップセッティング支援、SNSによる学習コミュニティのウォッチ、日本語から他言語への翻訳支援(字幕)、Facebook、twitter等での情報拡散などです。