教育団体・法人の方へ


JMOOCのミッション

「良質な講義」を「誰も」が「無料」で学べる学習機会を提供することで、様々な分野における知識レベルの共通化・標準化を推進し、個人が意欲的に学ぶことを支援するとともに、個人の知識やスキルを社会的な評価へ繋げていくことを目指します。

mission

JMOOCの活動内容

  • 1講座認定による「質の保証」

    MOOCとして標準要件を満たしているか否かに加え、専門家としての知識・経験に基づき講座の審査を行っています。

    審査により認定された講座をJMOOC認定講座とし、講座提供機関や講座の内容によって下記の3つの種類で分類しています。

    コース認定委員会メンバー

    コース認定委員会メンバー
    JMOOC認定コース

    <カテゴリー分類>

    • カテゴリーⅠ

      大学が提供する大学通常講義相当の講座

      jmooc_category_one
    • カテゴリーⅡ

      専門学校・高等専門学校が提供する講座、公的研究機関推薦講座、学会推薦講座

      jmooc_category_three
    • カテゴリーⅢ

      大学が提供する特別講義および公開講座相当の講座、企業等が提供する講座等

      jmooc_category_two
  • 2「質の高い」講座を「無料」で提供

    大学レベルの講座を簡単な受講登録のみで学べ、講義動画、テストや課題の採点、修了証発行まで全て無料で提供しています。従来の大学教育にはアクセスできなかった方も含め、10代から80代まで幅広い年代の方々が受講しています。 学習者数など詳細については、JMOOC認定講座数と学習者数をご覧ください。

    activity-content-high-quarity
  • 3学習支援技術確立へ向けた研究活動

    MOOCは、大規模な学習行動データを蓄積且つ分析することで、新たに得た知見を学習支援技術にフィードバックし、継続的学習を目指す取り組みでもあります。

    JMOOCでは、主体的にそれらを構築・運営し、学習支援技術の確立に向けた研究活動を推進します。

    activity-content-research
  • 4関連省庁との連携・提言

    文部科学省・経済産業省共催で開催されている「理工系人材育成のための産学官円卓会議」においてMOOCを活用した人材育成案を提言するなど、JMOOC提供の「理工系基礎科目講座」を企業や大学にて活用されるよう関係省庁と連携を深めながら進めています。

    activity-content-cooperation
  • 5アジア諸国との連携

    MOOCを開始しているアジア諸国との間で、技術・運用面等における情報共有をはじめとし、JMOOCのコンテンツ及びプラットフォームを広く公開することで、必要かつ有効な学習機会を提供していきます。

    activity-content-asia

JMOOC認定講座数と学習者数について

2016年9月時点でJMOOC認定講座数は143件、登録者数約25万人、延べ学習者数は約61万人を超えました。

延べ学習者数、登録者数グラフ

学習者は大学卒業生を中心とした継続学習意欲の高い方々が集まっています。

年齢別、学歴別登録比率グラフ

講座活用事例

JMOOC講座をご活用頂いている会員組織様の導入/提供事例や利活用による成果の事例をご紹介いたします。

講座活用事例

TAC株式会社
TAC JMOOCプロジェクト プロジェクトリーダー 佐藤征一郎氏
相乗効果が確認できたスクール事業とJMOOC講座

JMOOCでは、高等教育機関の有する専門教育知識のみならず、企業の有する実践・実学的な知識の提供を積極的に推進すると謳っており、2015年4月からはJMOOC講座の提供主体が大学以外にも広がり、企業等の提供する講座が増えている。そのひとつ、 資格スクール事業大手のTAC株式会社も、今では再開講を含め10講座以上を提供している。今回、JMOOCに参加した背景とその効果について話を伺った。

もっと見る

講座活用事例

東京工科大学
亀田弘之氏 東京工科大学コンピュータサイエンス学部 学部長・教授
独自カリキュラム+MOOCが生み出す新しい学び

他大が提供するMOOC講座を、従来のカリキュラムの反転学習の教材として 部分的に取り入れたのが東京工科大学コンピュータサイエンス学部である。導入の背景には、学生の語学力や学力のバラつきといった課題があった。その1つの解決策としてMOOCの利活用を決めた同学教授の亀田弘之氏に話を伺った。

もっと見る

JMOOC公認配信プラットフォームについて

JMOOCの活動に賛同し、JMOOC認定講座を配信しているプラットフォームは4つございます。
(アルファベット順)

  • Fisdom

    高度なセキュリティと日英対応

    Fisdomは以下の3つの特長を備えています。

    1. (1)高度なセキュリティと信頼性 本プラットフォームは「FUJITSU Cloud Service K5」上に構築しており、高度なセキュリティと信頼性を実現しています。定期的なセキュリティ監査により新たな脆弱性に対応しています。
    2. (2)日英対応 日本語または英語での受講が可能です。レポートの相互採点において英語を選択した場合、レポートを英語で記述して提出し、他受講生のレポート採点も英語で記述されたレポートが割り当てられます。
    3. (3)スマートフォン活用 スマートフォン専用アプリケーションを2017年1月に提供予定です。
    fisdom担当者
    • 富士通株式会社
    • 行政・文教システム事業本部
      第六ソリューション統括部
    • DLP推進室 室長 松永義昭
    • 同 開発リーダ 塩田紘子
  • gacco

    国内最大!豊富な講座と導入事例

    学びの仲間が24万人!きっと見つかる「学びたい講座」。

    「gacco」はドコモgacco社が提供する国内最大のプラットフォームです。MOOCでの一人ひとりの学びを加速させる、大学だけではなく官公庁や企業からも提供されているバラエティ豊富な講義と活気あるディスカッションボードが特徴です。

    また、MOOCの仕組みを企業内研修や学校の講座に利用する「gaccoASP」や「gaccoTraining」を活用される団体も増えてきています。

    「オンライングループワークシステム「gaccatz」や対面授業も織り込んだハイブリッドな学びも設計いたします。お気軽にご相談ください。

    gacco担当者
    • 株式会社ドコモgacco
    • マーケティング戦略部長
    • 岡田 健志
  • OpenLearning, Japan

    講座制作設計から運営までフルサポート

    教育サービス企業として、5,600講座の制作実績と3,200万人の受講者をもつ ネットラーニングが提供する学習プラットフォーム「OpenLearning, Japan」は、講座の運営はもちろん、学習設計のコンサルティングから撮影・編集までをワンストップで提供しています。

    動画のアップロード、受講者へのメール配信や 問い合わせ対応など、開講中の作業もすべて当社が行うため、小人数のプロジェクトチームでもJMOOC講座が開講できます。

    受講者の視点を大切にした学習設計により、修了率・満足度は常にトップクラス。多言語に対応していますので、海外の受講者へ向けた配信にも最適です。オンライン講座を始めたい大学や企業の皆様、まずはご連絡ください。

    OpenLearning,Japan担当者
    • 株式会社ネットラーニング
    • 教育事業部 サービス統括チーム
    • 竹内ゆい
  • OUJ MOOC

    放送大学運用のプラットフォーム

    OUJ MOOCは放送大学が運営主体となっているプラットフォームです。

    その仕組みはユニークで、登録にSNS(FacebookやGoogle+)アカウントを利用し、Moodleを利用した学習管理機能、教材はeBOOKなど、オープンソースや無料で利用できるサービスを組み合わせる手法(Mash-up)でサービス全体を構成しているのが特徴です。

    この方式のよいところは、状況によって様々な機能を自由に組み込めることができ、ニーズの広がりに柔軟に対応できます。

    運用協力:NPO法人 CCC-TIES

    OUJ MOOC担当者
    • 放送大学
    • 教養学部・教育支援センター教授
    • 山田恒夫